D-Pekoo

聴覚障害者向けのリスニングってどんな感じ?英検4級を受けたよ!

time 2017/06/14

聴覚障害者向けのリスニングってどんな感じ?英検4級を受けたよ!

生まれつき耳が聞こえないけど英語学習奮闘中のペコです。

20代後半で社会人4年目ですが、英語学習を2017年4月から始めています。
疲れ果てていて1日5分でもできない日がまぁまぁありました。
それでも約2ヶ月の勉強で6月3日英検4級を受けてみると2問しか間違えずに合格確定できました。

そして6月22日に英検の賞状が届きました!嬉し!

 

さて、試験受けた日からだいぶ経ってますが、忘れないうちに聴覚障害者向けに英検でのリスニングはどんな感じだったかをお話します。

英検はリーティング、ライティング、リスニングがあるのですが、リスニングはわたしにとって鬼門です。
音が流れているのはわかっていても、内容はわからないのです。

聞こえ方を可視化にしたわかりやすいサイトがあります。
サイトはこちら→聴覚障害者の聞こえの可視化

聞こえるひとの聞こえ方はこんなイメージとします。


引用先:聴覚障害者の聞こえの可視化
※画像はスクショです

 

 

 

聞こえるひとの聞こえ方をこれだとすると、聴覚障害者の聞こえ方はどんな感じなのでしょうか??


引用先:聴覚障害者の聞こえの可視化
※画像はスクショです

 

 

 

何を言ってるんだかわからないですよね汗
こんなふうに音がゆがんでいたり混ざっていたりで、内容を把握するのに難しいです。

こんなんじゃリスニングを受けても試験にならないとよくわかるかと思います。
そういった聞こえかたなので、唇の形を読み取ったり、わずかな聞き取りの力でカバーしています。

それでもカバーするのに限界があるので、英検を受けてみたいなと思いつつ諦めるひとが多いと思います。

 

英検の申し込みと同時に、特別措置を申請しよう!

 

詳しくは英検のホームページで掲載していますが、どこにあるかわかりにくいので、こちらでも簡単に確認できるようにリンク貼っときます。

まずは、英検のホームページはこちら。


引用元:英検公式ホームページトップ
パッと見ると、特別措置について明記されていませんが、「お申し込み」のところでクリックすると確認できます。

※スマホ版では右上のメニューマークの中にあります。

 

 

最初どこにあるかわからなくてずっとウロウロしてました…

 

 

「お申し込み」をクリックして下へスクロールすると、特別措置の内容を確認できます!


引用元:英検ホームページお申し込み

 

特別措置内容は色々ある!

聴覚障害といっても聞こえかたが様々なので、聴覚障害者向けの特別措置は3種類あります。

・電話の聞き取りが厳しい、できないぐらいの聴覚障害者はテロップ表示
※ただし、障害程度等級は6級以上の聴覚障害者が対象となっています

・わりと聞き取れるよっていうひとや、耳が遠くて小さいと聞きづらいと思うひとは強音放送

・特に措置受けなくても良いんだけど、スピーカーの近くの方が助かるなあというかたも、座席配慮や面接官の質問や指示のときに声大きめにしてもらえる

わたしは聞き取れないのでテロップを選びました。

 

特別措置の申請方法

申請方法はFAXで、メールはありません。
なんでメールじゃないんだああああって思いましたよ。

FAX持っていないし、メールアドレスはないしで、、、困りました。

いちおう、FAXは持っていなくてもコンビニのコピー機で出来ます。

ダメ元で申込書に自分のメールアドレスと一緒に「電話できないので、メールでご返信ください」と書きました。
次の日メールで返事が来ました。

 

 

あれ、メールあるんやんか。

 

 

そのつっこみはさておき、
電話出来ないし困ったって思ったら、FAXでメールで返信してくれと書いとけば対応してくれます。

 

特別措置で受けられる会場は少ない※東京都の場合

近場で受けれられる会場(電車で15分)を希望していましたが、特別措置で設備がある会場(電車で40分)に変更されました。
希望の会場より遠くなりました。
テロップ表示だとDVDや画面の設置が必要になるので、仕方ないですね。。。

希望の会場で受けることができるとは限らないことを覚えておいたほうがいいです。

テロップ表示のリスニングはこんな感じ!

リスニングのテロップ表示は、画面の右端から文字が流れて来ます。
文字の速さはリスニングのスピードと同じとのこと。

テロップ画面では男の人の声は★で水色、女の人の声は☆で黄色とマーク、色分けして会話や質問の内容を字幕で2回繰り返して流れてきます。

イメージ

英文が左端まで流れ終わったら、次の英文が出てきます。

回答時間が12秒あるので、終わってから書いても大丈夫です。

ただ、気をつけて欲しいことがあります!
問題のイラストを見てからテロップが表示される画面を見るようにしてください。
そうしないと、英文がわかっていても「え?どういう場面???」と話の流れがわからなくなります。

普通のリスニングって、問題のイラストを見ながら聞けるから大丈夫なんだけど、
テロップ表示では、そういうわけにはいかないので気をつけてください〜

目が二人ぶんあったらバッチリなんだけどなぁ〜〜

最後に

英検4級の試験を受けてみて感じたことですが、
英検のリスニングに不安があれば、まずは英検4級から受けてみたほうが良いです。
英単語を見てすぐ理解できていれば、テロップ表示のリスニングは点数とりやすいです!(文字を追うのが大変だけど…汗)

英検3級からはおそらく文法も含めてパッと理解できるようにならなきゃ大変だろうな。
テロップ表示の速度も変わるそうです。
今後、英検を受けるたびに更新していこうと思います。

では、ペコでした(°▽°)

ブログ運営

旅行

未分類

About Me

聴覚障害持ちの田舎育ちのOL。耳より目がポンコツ。うっかりすることが多い。趣味がスノボー、サーフィン、ストリートダンス、旅行などなどアクティブに動きます。
2017年2月から開始。
D-Pekooは、D(デザイン、デフ)とペコ(あだ名)から作ったもの。

検索