旅行

モロッコでの英会話で困ったことをあげてみた

こんにちは、去年から英語の学習を続けているゆき(@pekooo_giraffe)です。

去年英語を勉強し始めてから初めて海外で英会話に挑戦しました。
今回の旅先はモロッコで14カ国目になります。
今まで英語ができる人に頼っていましたが、今回は自分で頑張ってみました!

まず挑戦してみて感じたことは、聞き取りが難しくても、相手に伝わるように努力する気持ちが一番大事だということです。
声だけでなく、相手の表情や目線、雰囲気も全て感じ取るのも、態度で示すのもコミュニケーションの一つだなあと感じました。

この経験のおかげで、英語の勉強ができなくても、忙しくてやれない日があっても、思い出すたびにやれる時はしっかりやるぞ!というモチベーションを保てます。

大変なのは変わりないけど、やってみて初めてだ気づけたことや、コミュニケーションをとるときにこうすればよかったことをシェアしたいと思います。

 

難聴といっても聞こえ方は人によって様々です。
例えば、友人と同じように生まれつき耳が聞こえなくて重度難聴だけど、私は電話ができない、友人は家族相手ならできるということがあります。
一個人の体験談としてご参考程度にお読みくださいませ😃

 

英会話で困ったこと

聴者も同じかもしれないですが、基本的に困ったことは聞き取れないことです。
英語の勉強しても聞き取れないです。

じゃあどうするかというと、ゆっくり話してもらう、筆談をしてもらうことになるのですが、人によって筆談をお願いするのが難しかったりタイミングが微妙で厳しい時がありました。

ただ、こういった経験をしておくとあらかじめに用意できたかもしれないと気づきをもらえるし、数をこなせば何がしかの方法が思いつくかもしれないと前向きに捉えています。

 

青い街、シャウエンで出会った英語ガイドのご老人

シャウエンでの英語ガイドを頼んだら、ご老人でした。

ゆっくり話してもらうようにしてくれたのですが、口の動きがフガフガすぎて読み取れませんでした。。。

 

おじいさんだもんね。。。歯はあるのかな?って思った
モロッコって入れ歯はあるんかな。

 

観光客相手に慣れている感じではないようでした。
シャウエンの歴史も教えてくれたのですが、せっかく説明してくれたのに、分からない。。。くうううう😭

多分、結構英語の発音のクセが強い?ぽい。
アメリカへ行ったこともあったけど、その時と比べて聞き取りが難しかったように感じました。

 

英語ドライバーさんが運転中での会話

モロッコの場合、観光地が離れているので、長時間の移動がほとんどです。
個人ツアーで行ったので、専用車での移動でした。ドライバーさんは、旅行中ずっと付き合ってくれていて、モロッコのことを教えてくれたりと親切なかたでした。
日本が好きだそうで、予定では組んでいなかった、タジン鍋の工場など連れてってくれたりと良くしてくださいました。

 

でも、、、
運転中の会話が聞き取れなくて申し訳ない〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!😭😭😭

 

少しの会話なら、3〜4回ぐらい言葉のキャッチボールができたんですが、運転しているので、後ろから口の形を見るのも限界がありました。
モロッコに着いたばかりの頃で、疲れが溜まっていたので、話を聞いたり口の形を読むのに集中力が必要なので長続きはできませんでした。

しかも、長時間の運転でヒマだし、専用車なので、話し相手は私たちふたりしかいない。
もし、乗り合いなら、また違ったかもしれないなと思いました。

いやあもっと運転手さんのこと知りたかったあ。

 

なんとか英会話ができたこと

海外旅行中で、筆談したりジェスチャーしたりとスムーズにいかないけども、少しでも英会話ができると嬉しい!と思います。
比較的にやりとりしやすかった方は、やっぱり観光客に慣れている人がほとんどです。

宿の人や街の子供

ゆっくり話してくれたり、筆談に応じてくれるので、やりやすかったです。
例えば、宿の人に夜マーケットへ出るけど21時には戻ると英文を書いたスマホの画面を見せたら、
笑顔で楽しんでらっしゃい!と送り出してくれました。
ほんのりホッと嬉しかったです。


Make it bigというアプリです。過去の履歴を辿ることもできます。

 

あとは、フェズの子供と道案内のことでぼったくられそうになって英語で言い合いしちゃいました。
(今回で初めての経験です!!!!!自分もまさかこうなると思わなかった!!!)

なりふりかわまずとにかく伝わることを一番に考えてたので、
11歳相手の少年を相手にアラサーが必死で頭の中で英語を考えて言い合っていました。。。(大人げない?)

 

ショップの人

フェズにあるなめし革工場の見学でお店の人に説明してもらった時が一番聞き取りやすかったです。

神対応だ!というポイントはわかりやすく文節・単語で区切って話してくれたことです。
最初から文節・単語を区切ってゆっくり話してくるということは、結構観光客相手の対応に慣れていますね。

会話の内容は工場の様子を見せてもらいながら聞く感じなので、ある程度どんな話をするのか予想しやすかったです。

 

bigというアプリが大活躍!

文字を打ち込むと、黒に白抜き文字が大きく出てくるシンプルなアプリです。

Make It Big
Make It Big
開発元:An Trinh
無料
posted withアプリーチ

画面いっぱいに文字を大きくしてくれるので、筆談の時に活用していました。
聞き取れないときは、お願いして打ってもらえたりとお願いしやすかったです。

 

こうすれば良かったなと思ったこと

ここまで英会話で困ったこと、よかったことをあげてみましたが、こうすればもっとスムーズに出来たかもと思うところがありました。

一番は、やっぱり英語ができるようになること。
簡単な会話しかできなくて、より掘り下げた会話がまだ難しいです。
今回の旅行を通して、英語のライティングをもっと頑張ろうとモチベーションアップにつながりました!

英語のライティングの強化

英語をすぐさらっと書けることが目標です!

去年は英検4級取れたけど、
今年は10月に英検準2級を受ける予定です。頑張ります!

 

筆談ボードを持っていく

これは、筆談をお願いするときに使っているボードです。
丸いボタンを押すとパッと消えてさらっと書きやすいので、お願いしやすいです😁

created by Rinker
キングジム(KINGJIM)
¥2,788
(2018/09/18 21:36:30時点 Amazon調べ-詳細)

この筆談ボードを持ってこなかったことに後悔した理由は、シャウエンで案内してくれた英語ガイドのご老人のことです。

スマホで文字を打ち込むことが難しそうでお願いしづらかったんです。
筆談ボードなら、紙とペンで書くときと変わらないので、お願いするときの心理ハードルを下げれたかなあと思いました。
また何か、口頭でのやりとりとは違ったコミュニケーションを取れたかもしれない。。と思っています。

あとは、相手が書いている途中でも内容を見れるので、場合によっては筆談ボードのほうが効率が良いのでは、、と。
荷物になると思って持っていくのをやめましたが、やっぱり持ってこれば良かった〜〜〜

 

英語、イケるよ!

 

ざっと、英会話で困ったこと、良かったことで印象残ったことをあげてみましたが、聞き取りができなくてもライティングさえできればなんとかなるんだと希望を持てました。

「耳が聞こえないから」と人より困難を待ち受けていることがわかっていて、やめとこうとか避けたくなる気持ちはあるけど、それ以上に色んな世界・人・文化を触れたいという好奇心が強かったです。

好きなこと・興味があることなら、なんだって乗り越えられる気がします。

では!またね✌︎(‘ω’✌︎ )