D-Pekoo

聴覚障害なら英語の勉強はかえってやりやすいかも

time 2017/05/21

聴覚障害なら英語の勉強はかえってやりやすいかも

どうも、英検4級に向けて勉強中のペコです。
試験まであと2ヶ月です。英検4級は中学レベルですが、初めてなので腕試しです。
いままで耳が聞こえないから英語は難しいって思い込んでいましたが、実際は全く関係ないって最近気づきました。
英語学習では、意外と聴覚障害者の方が有利なところがあるっていう話をします。

 

話が分からない時は推測している

 

耳からの情報は確実にわかることが少なく、わからない状況になるのはいつもことです。
集中していないと、情報が断片的に入ってこないので、だいたいこんな話しているのかなってある程度推測しながら話を聞いています。

その感覚がむしろ英語学習では有利だそうです。

 

なんでなのか??

 

こちら、
こっこさんから対面指導を受けたときに書いてくれた記事です。
【聴覚障害でも英語やれる!002】聴覚障害ってむしろ英語学習に向いてるのでは

引用します。

 

英語をやるとなると、なぜか、完璧な情報を求め、完璧な文を話せないことにコンプレックスを感じて、恥ずかしいから話さないみたいな日本人は多いです。

 

 

健聴者は日本語なら一文字逃さずに全てわかるから、英語と同じように全てがわからないと気が済まなくてコンプレックスを感じる、、ということでしょうか。
わたしはむしろ一文字逃さずに聞こえるのがびっくりです。本当に人間の耳って良くできてるんですね、、、!

 

わたしの中ではあまり完璧にわかろうというのはそもそも無理ですw
そのかわりなんでもいいから伝わるようにするのはいつも必死です。
だから、外国人に突然道に話しかけられても、喋れないからどうしようと真っ先に考えません。
むしろ、どうやって伝えよう?!っていう感じです。
 

いままで道に突然外国人に声かけられたことは何度かあるんですけど、
めちゃくちゃ日本語の英語版?で言ってジャスチャーしながら日本語で言ったりしました。

もちろん、What?って顔されたりしましたけど、気にしないであれこれとやっていたら、最後はThank you!とお別れできました。

あ、良いよって遠慮されずに最後まで聞いてくれました。下手くそでごめんって思ったけど伝わって良かったあ〜と毎回思っています。
だから、伝わるようにすることが必死で完璧に喋ろうとか全く考えたことがないです。
なんだか泥臭いやり方ですね笑

 

完璧に英語をやろうとしなくてもいい

 

心がけというか、目線を変えれば、欠点を有利に変えることができると思うんです。
わたしの場合、難しく考える癖があるみたいで、全てを分かろうと理論的に理解するより、感覚で覚えていったほうが合っているなと感じjています。
文法や単語を何度も見るとあ、この単語いつもこんな文章の時に出てくるなーとかっていうで勉強が楽しくなってきています。

 

よく考えたら、わたしがいつも話を聞きながら推測しているのと同じやり方で、
なんでこーなるのか?理論的に理解するより、英文法のパターンを把握すれば
ところどころ英語がわからなくても意味がわかるのと一緒だな〜と。

 

英語は長期戦と聞いているので、ある意味理論的に理解してわかった気になって終わるより
感覚的に楽なやり方で取り組むほうがずっと良い気がします。
こんなに英語に対してさあ!やるぞっていき込みしなくても、
なんとなく英語を始めたら楽しくなってきて、打ちこめている状態が理想的だなって思っています。

そんなに身構えなくてもすんなりと英語は楽しくなりますよ〜!

 

では、ペコでした(´▽`)ノ

 

 

こちら英語学習でTwitterで活用しています。
英語学習始めてから1ヶ月経って気づいた、楽に取り組める学習法

耳が聞こえないから英語は無理かなあと思い込みは間違いだった!っていう話です。
聴覚障害を持っていても生きた英語を学べる方法がある!

聴覚障害者に限らず、健聴者でも読み書きから始めるので、スタート位置は一緒です。聞こえる聞こえないは関係ないですね!
【聴覚障害だけど英語ができる! 】まずは読み書きに集中!

ブログ運営

旅行

未分類

About Me

聴覚障害持ちの田舎育ちのOL。耳より目がポンコツ。うっかりすることが多い。趣味がスノボー、サーフィン、ストリートダンス、旅行などなどアクティブに動きます。
2017年2月から開始。
D-Pekooは、D(デザイン、デフ)とペコ(あだ名)から作ったもの。

検索